読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力なんて嫌いだ

暇があれば寝ていたい

家出娘と浮気男 その2

皆、人の不幸は蜜の味なのかしら!? 前回のエントリを投稿したら突然アクセスが増えました。 もしくはクズな男が多いのか。 shiokonbook.hatenablog.com さて、その後ですが。 あくまで冷静に問い詰めました。 その時は容疑を認めました。 が、その1週間後…

家出娘の末路と婚約者の浮気

家出娘は実家に戻ることを決め この先いつ結婚できるか不透明ななか 父親の海外転勤が決まり 母親も付いていくからと 老犬介護を引き受けることになった 余計にいつ結婚できるか分からない 私はもう吐きそうなくらい悩んでいる どう説得しようか、 どう要求…

婚約解消すら考えてしまうほどの金銭感覚の違い

「金銭感覚の違い」とは 社会人になると、「自分の収入」とイコールになるんだと。 かつて、私は年収350万程度の正社員だった。(残業しても残業代は出ない) ITだから新卒の収入としては結構多いほうだと思う。 けれど、今は契約社員になって年収200万程度に…

自分のこと、イライラのこと、そんな種

私を知っている人には話せない。そんな話を、誰かにしたくてたまらない。 会社で誰にも話せないから?友達と共通の話題がないから?彼にそんな話はできないから? 頭の中がもやもやして、ぐちゃぐちゃして、世の中の全てにイライラしている。 男にモテるのが…

きみが心に棲みついた。私には棲みつかないで、お願いだから。

もっとこう、有名な作家さんの本をレビューすればいいのかしら?個人的にはマイナーメジャーが好きなのだけど。漫画も結構マイナーメジャーを読んでしまう。 と、いうこで、今回は漫画のレビューを。 きみがこころに棲みついた きみが心に棲みついた(1) (…

サヨナライツカ、愛したことも愛されたことも思い出す話

大好きで大好きで思い入れの強い作品。経緯としては西島秀俊さんが好きだったから見始めたと記憶している。本が先だったかな?もう、覚えていないくらいどちらの作品も好きで仕方ない。 サヨナライツカ 人は死ぬとき、愛されたことを思い出すのか、愛したこ…

左岸を読んで江國さんがなんで苦手だったのか分かった

本好きだからなのか、理由は分からないけれど、個人的にどうしても治さないといけないと思っていることがあります。 「登場人物に性格が引っ張られること」 経験ある人、本当に連絡ほしいくらいです。本を読み終わっても、しばらく「その人」になってしまう…

束縛彼氏が可愛いなんて

以前にも紹介している漫画「イタイほどかわいい」ではないですが「束縛するほどかわいい」束縛彼氏の生態です。そして、束縛彼氏と付き合うメリットです。 shiokonbook.hatenablog.com 束縛を可愛いと思えるようにならないと女としてのレベルはまだまだです…

束縛彼氏の生態とクズ

いつだって悩むのは人間関係だ。私だって人間関係で悩んでいる。 人間関係よりも、今一番の悩みは「恋愛関係」 雑魚モテに終止符を打ち、付き合った彼氏は超が付く束縛彼氏。でも、案外束縛彼氏も悪くないし、手のひらで転がしながら、制限を緩くしていく調…

現代は女性にとって生きるのが難しい時代である

この間のテレビで聞いた言葉だ。(なんだったっけなぁ、ほんまでっかかな?)私は同棲を初めて早1年半が経とうとしている。子どもはいないから、共働き(?)で、少しは余裕がある。自分がダメ男製造機であると、前から認識をしていた。自分のためにお金を使うより…

タイトルはいつも苦手

始めたきっかけ 昔から、なにかを書くことが好きだった。ここではない世界に飛んで行って、いろいろと妄想することが好きだった。 今でもいつのまにか違う世界に飛んでいくことがある。 でも、飽きっぽいからすぐに現実に戻ってくる。 だって、自分の考えた…