読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力なんて嫌いだ

暇があれば寝ていたい

婚約解消すら考えてしまうほどの金銭感覚の違い

 

「金銭感覚の違い」とは

社会人になると、「自分の収入」とイコールになるんだと。

 

かつて、私は年収350万程度の正社員だった。(残業しても残業代は出ない)

ITだから新卒の収入としては結構多いほうだと思う。

けれど、今は契約社員になって年収200万程度にまで落ち込んだ。

 

パートナーの年収は上がる一方だ。

残業代もきちんと出るし、ボーナスも夏冬合わせて4か月分でる。

単純に計算をすると年収400万を超えるくらい。(残業代込)

 

比較しても倍くらいの収入の差がある。

 

正社員だった当時の私はほとんど差がなかったから、

出かける際にもあまり金銭感覚の違いは感じなかった。

(実家の収入も家族構成も恐らく同じくらいだったから)

物欲もないし、食欲にかける以外はほとんどお金をかけない。

 

食事に行くにも

旅行をするにも

あまり差はなかった。

だから割り勘で全然気にならなかった。

 

けれど、今回契約社員になって、給料が半減すると、

 

ご飯に行くにも

普通に出かけるにも

 

そもそも毎月使えるお金すらも

 

大きく変わってしまった。

 

パートナーと同じお店に行ってご飯を食べて割り勘しても

懐の痛み具合が全く違う。

 

 

「なんでそんなにお金がないんだろうね」

 

なんて、すっとぼけたことを言う。

 

「一緒に出掛けると辛そうだから」

 

なんて、見当違いのことを言う。

 

「家賃の分勿体ないから、一度実家に帰ったら?」

 

なんて、自分のことしか考えてないことを言う。

 

 

私はあなたのわがままで仕事を辞めさせられて、給料が半減したのに。

 

 

家賃も食費雑費も折半。

 

 

そんなのお金がなくなるに決まっている。

 

貯金なんてできないに決まっている。

 

 

 

副業はダメ

収入を増やすんじゃなくて、支出を減らすんだよ

なににそんなに使っているの?

 

 

 

その無神経な言葉に、私は辛い思いをしています。

あなたは私の収支をしっていますか?

 

 

 

 

お弁当が作れなかったときのお昼にかけるお金もあなたの1/10以下。

夕ご飯は共有の食費から出しているから、個人の財布からは出ない。(朝は食べない)

交通費が嵩むから一人で定期外へ外出はしないし、帰り道に寄り道もしない。

一緒に出掛ける必要のあるときにだけしか使わない。

 

買いたいものも諦めて

食べたいものも諦めて

遊びにいくのも諦めて

 

あなたと出かけるときのお金に回してる。

 

そうやって節約しているのに、なんでそんなことを軽々しく口にするの?

 

交通費、片道たった200円くらいでも、往復で400円

400円って、私が一月に平日のお昼にかけるお金と同じくらいなの知っている?

用事もない、なんてことはない外出の交通費が、あなたにとっては端金に思える金額が、私にとってどんな思いで捻出している400円か知っていますか?

 

「そんなみすぼらしい恰好をするんじゃない。服を買え。鞄も靴も新調して、ボディケアもスキンケアも手を抜くな。自分の認めるランクのものしか身に着けてはいけない。」

でも、あなた、一切お金出してくれないでしょう?

そんな余裕があるのなら、言われなくてもとっくにやってるよ。

 

「いつも夜ご飯作ってて大変だろうから、今晩はご飯食べに行こう」

その思いはうれしいけれど、あなた、一切お金出してくれないでしょう?

自分の分は自分で出して、その数千円、どんな思いで出していると思う?

 

 

 

婚約の間はあなたは私を養う気はないという。

けれど、自分と同等程度の生活をしろという。

半分の年収のなかで。

 

結婚して、子どもができたら仕事を辞めて養うから。

それまでは基本的に折半という。

半分以下の年収のなかで。

 

 

お金の切れ目が縁の切れ目

 

 

 

婚約を破棄したいと思うほどに思い詰めている現実に、あなたは気づいていますか?

泣きながら、このエントリを書いていることを、あなたは知っていますか?