読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力なんて嫌いだ

暇があれば寝ていたい

愚痴というレベルの話


私は芸術的センスもないし、何かを「表現」することには長けていない。
自分のなかにごちゃごちゃに絡まった感情を、なんとかして吐き出さないとダメになってしまう気がしてつらつらと書いている。
 
音符は読めない
とても音痴
 
絵も描けない
まず、どこに筆を置いたら書き始められるのかがわからない
 
ただ、文章は
適当に書き出せばなんとなく連なってくる。
だから私は「言葉」という方法を選んでいるだけ。
 
 
私は待つことに関しては特に迷惑だとも思わないし、気にしない性格の持ち主。
でも、自分が遅刻するのは絶対に許せない。
だからってそれを人に押し付けるつもりはない。
別に私が待つだけの影響ならどうぞ遅れて来ていただいて問題ないですよーみたいな。
ゆるゆる。笑
1時間でも平気で待つ。
 
だがしかし、それも「当たり前のように」遅刻してきたらイラっとする。
遅刻の常習犯としても、詫びの一つは入れろと思う。
「ごめん!」
その一言があれば平気なのに。
なんで素直に言えないかな。
 
さらに、何よりも許せないのが「何時くらいにどこどこで待ち合わせね!」とはっきりと言わないこと。
その時間にそこにきて欲しいならちゃんと言えよ。ってなる。
「何時にどこどこで用事が終わるから!」だけじゃ分からん。
なのにその時間にそこにいないからってなんで私が怒られなきゃいけないんだ?
なんで私が謝らなきゃいけないんだ?
 
納得いかない。
 
誰になんと言われようと納得いかない。
だったら説得してみろ。
 
来て欲しいならちゃんとそう言ってほしい。
約束してその時間にそこに行くから。
 
ちなみに、用事もないのに呼び出されるのも納得いかない。
そして、やりたいことをそこで決めて実は最寄駅が違いましたなんてなって日にはその場で帰る。
行ったにも関わらずやることないから帰ろうかとかなったら日がな一日機嫌が悪い。
 
それは私が短気なのかな?
関係ないと思うんだけどな?
 
悪いことに、それを言っても「自分のほうが偉いから言うことをきけ。要望はきかない。」みたいな人の場合、どーにもできないわけですよ。
もやもやを抱えたまま悶々としないといけないんですよ。
ふざけんなって感じ。
 
 
 
 
な、今なので。
愚痴ってみた。