読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力なんて嫌いだ

暇があれば寝ていたい

ずっと、ずっと感じていた。

 

ずっと、ずっと感じていた。

 

「ここにいちゃいけない」

「私がやりたいのはこんなことじゃない」

「私は」 「私は」

 

 

ずっと虚しさと一緒にいた。

 

 

ともすれば、ぱたぱたと涙が流れそうだった。

 

 

だからといって、なにがしたいかは分からない。

 

 

まだ、高校生のような自分に時々腹が立つ。

 

 

 

 

むかしは想像することが好きだった

いつしか現実だけが信じられることになっていた

 

 

未来も過去も見えなくなって

「今」だけを生きている私は

その実「今」に置いていかれている。

 

 

 

好きなことが分からない

だって、なにができるか知らないから

嫌いなことが分からない

だって、比較できることがないから

 

 

嫌うほどの活力も興味もない。

 

 

 

ここではないどこかに、私は行きたい。

根っこをはって、「ここ」に留まることは苦手だ。

 

 

「なにかを成し遂げたい」と、熱量を注げない。

 

 

 

そう思いながら、また、私は本の世界に戻っていく。