読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力なんて嫌いだ

暇があれば寝ていたい

そろそろ溶けてしまうんじゃないかな

仕事

 

社内ニート再びである。

 

 

悲しい現実である。

眠くなる毎日である。。

 

 

話を聞くと、やはり上司と部下の間でどうも意思疎通がうまくいかないらしい。

認識の違いというやつか・・・

上司が期待しているポジションと、実際に使いたいポジションは違うようで。

そんなのよくあることだよね。

 

 

なので、なにか面白い話でも。

暇つぶしにね。

 

 

なんて、面白い話が簡単にできるような人でもなく。

 

ただ何となく時間が過ぎる毎日。

 

 

 

とはいえ、転職は割とうまくいったほうだと思う。

給料は半分くらいになったけど、仕事のストレスは半分以下だし。

通勤時間も減って、残業もない。

業務時間内でさえ暇な時間がある。

OJTにも恵まれて、「仕事にいきたくない」とは思わなくなった。

割と性分に合っているのかもしれない。

 

あぁ、なんてクリーンな会社。

会社万歳。

 

あとは給料が上がればいいんだけど・・・・

それはまた副収入ということで頑張ろうかな。

 

 

 

まぁ、そんなクリーンな会社に転職してはや数か月。

仕事には慣れた。

ただ、人には慣れていない感じがする。

 

転職してから最初の数か月が本当の勝負だと思う。

「仕事ができる人か?」

「どういう性格の人か?」

「距離感をどうとればいいのか?」

 

とかとか。

 

そういうのって、最初の数か月で勝負が決まる。

同期がいるわけじゃないからこそ、仲間を作るのであればその数か月で頑張るしかない。

逆を言えば、その数か月で失敗すると挽回は相当難しい。

なにかのきっかけがないとね。

 

 

かくいう私は失敗した側の人間。

 

社内インターンのように1か月は別の部署で仕事をしていたので、

それが余計に私の立ち位置をあやふやにしたらしい。

 

さらに、私の性格と見た目上、一人でも平気な雰囲気を醸し出しているようで、社内でも孤立気味。

仕事ないのに「忙しいでしょ?」と言われ、

お昼を一緒に食べる仲間もおらず。

 

 

すっごく寂しい。

 

 

 

家でも会社でも居場所がないふわふわした感じ。

 

 

 

それもしばらくすれば慣れるからいいんだけど、仕事がないのは本当に致命的だと思うんだ。

 

仕事ができない判定をされる以前に、そもそもの仕事がない。笑

 

笑っちゃうよねぇ

 

なので、自分で仕事を増やしてみたり、余った時間でデータ分析してみたり。

自分なりに時間を埋めている。

 

 

これから仕事を振ってもらえるように、挽回をしないといけない。

もうそんな労力すら面倒くさいから、こうやって書いているわけだけど。

どんなに頑張ったところで、仕事が降ってくるわけじゃないんだ。

ただ待つしかないんだ。

 

 

人間関係も、別に仕事をするうえでなんの支障もない。

仕事を後回しにされるわけでもなく、優先してほしい依頼はそう頼めばしてくれるし。

ただ寂しいってだけでw

 

中途なんてそんなもんだって割り切ればなにも問題はないわけで。

 

ちょっと達観してみようと思う。

 

挽回するなんて面倒じゃん?

 

 

でも、こうやって達観できる気がしない人は、きちんと社内営業することをおすすめします。

 

男性女性関わらず、最初の数か月が勝負です。

その後の会社生活を左右します。

 

そんなことない、とか楽観視している人は新しいコミュニティに飛び込んでみればいいと思う。

すでにあるコミュニティに混じるのがどれだけ難しいかわかるから

そんなの私だけかなw

 

 

というわけで、

がんばれ転職組。

がんばろう転職組。

私は転職組の味方だ。